映像制作会社のタイプについて

映像制作の依頼では、映像制作会社のタイプを把握しておく必要があります。


大きな理由としてそれぞれに得意分野が異なることがあり、特徴を理解しておくことで求める映像が作りやすくなります。映像制作会社は大きく4つのタイプに分けることができ、まず、テレビ系制作会社があります。
テレビ系制作会社は、主にテレビ局からの依頼を受け、下請として番組制作などを行っています。

特徴としては、豊富なノウハウと充実した器材を持つことがあり、一方、受注がテレビ局主体となるためにマーケティング視点に弱い面があります。個人系の制作会社は最も安価で臨機応変に対応できる映像制作会社です。
通常、映像クリエーターを中心として1〜数名程度で運営されていることが多く、管理面のコストがかからない分費用を抑えることができます。



特徴として人数が少ないことから意思疎通が迅速に行えるメリットがあり、反面、少ない分緊急時の対応が難しくなる場合があります。

WEB制作会社は、本来WEB制作を本業としていますが映像制作も手掛けており、ここでは、コンテンツと映像の連携など非常にスムースに制作を行うことができます。



難点としては、本業ではないためにどうしてもノウハウが十分でないケースがあり、中には外注で行われることもあるために依頼では確認が必要になります。

広告関連に強いタイプとしては広告代理店があります。広告代理店は、WEBや紙媒体、映像を含めクリエイティブ全般を手掛けていることが多く、広告関連に豊富なノウハウを有しています。


プロモーション実績がある会社も多く、映像を商品の販売に活用したい場合などでは適した委託先となります。



一方、外注も利用されることから制作費用が高額になる場合があります。