映像制作の費用と必要な人材

映像制作をするには、莫大な費用がかかるというイメージがあります。
作るにしても様々な道具が必要ですし、人件費や諸費用を考えても、安くできるものではないと思うからです。


映像制作は、企業の宣伝や会議などに用いられることが多いため、万人受けするものでなければなりません。

あまりに華美なものや下品なものはマイナスイメージとなってしまうため、構想を練るのにもかなりの時間を要します。どんな仕上がりのものが良いのかイメージを膨らませておく必要があります。

周りの人の意見も非常に大切なので、なるべく多くの人たちから話を聞くことが必要になります。簡単にやり直しがきくものではないので、費用面を考慮しても慎重に作り上げましょう。
映像にかかる一切の作業を行ってくれる有名クリエイターに頼む場合、あまり失敗することはなく費用が高めです。


思っている以上のものが出来上がる期待も持てます。


秒刻みで万単位の金額となります。
長ければ長いほど高くなりますが、有名クリエイターなので、最高のものに仕上がると考えれば安いものです。



プロデューサーを頼む場合、安くても10万円はすると考えましょう。

これも映像の長さによりますが、クリエイターやプロデューサーに頼んでおけば安心感が違いますね。
他にカメラマンやヘアメイク、機材屋さんなど考えれば多くの人手が必要です。



映像制作の全てを会社、もしくは身の回りの知り合いで賄えるのなら、それに越したことはありません。