映像制作会社の選択で確認すべき点について

映像制作は、一般の人が個別で依頼をするケースはまだ少なく、多くは、企業や団体が依頼をすることで行われています。

種類も記録映像やCM、プロモーションビデオなど様々であり、最近では複雑なエフェクトが用いられたものも見ることができます。


映像制作会社に依頼をする場合には選択が需要になり、選び方を間違えてしまうと希望した内容にならないばかりか大きな損失にもつながることになります。


ポイントとしては大きく3つの内容を上げることができ、事前に確認をすることで失敗などのリスクを極力避けることが可能となります。
製造制作会社には制作力が求められます。



ここでは、制作したい映像に似たテイストを持つ制作実績、在籍するクリエイターの経歴、イメージの共有が可能かどうか確認をする必要があります。



また、他の映像制作会社への外注に関しても注意が必要となり、外注が多い場合などでは依頼が丸投げされるリスクがあります。


料金は重要な要素の1つになります。

映像制作会社に依頼をする際には必ず見積を取った上で判断をする必要があり、ここでの確認内容としては、含まれる内容、どの程度の作品が作れるのか、編集中の修正への対応を上げることができます。特に注意が必要になるのは内訳明細が付いていないケースがあり、この場合、口頭説明だけで了承しないようにする必要があります。



必ず文書化しておく必要があり、明確にすることで追加料金などのトラブルを防ぐことができます。


選択をする場合には提案力にも気を配る必要があります。


提案では、制作センスも同時に確認をすることになりますが、ここでは具体的な作品を見ることがあり、制作目的の共有とともに、十分なヒアリングが行われるか、また、効果まで考慮した提案になっているかの確認が大切になります。